Search
Search Menu

いろいろな商品に幅広く使われている

商品にピッタリ合ったプラスチック包装

シュリンク包装とは、商品を1個または複数個まとめて熱収縮性プラスチックフィルムで覆い、加熱装置によってフィルムを商品の形状に収縮させることにより、商品を固定保持する包装の方法になります。

CDやDVD、ゲームソフトなどは、商品サイズに合わせて密封されたフィルムで包装されていますが、これがシュリンク包装になります。

Amazonの通販を利用している人なら、商品が段ボールの上にのせられてフィルムでラッピングされて届いたことがあるかもしれませんが、これもシュリンク包装です。その他にも、カップ麺、化粧品、本、コミック、日本酒、焼酎など様々な商品でシュリンク包装されるケースが多くなっています。

商品をシュリンク包装すれば、汚れを防ぐことが可能になりますから、きれいな状態のまま商品を届けることができます。シュリンク包装は、商品が店頭に陳列されている間のいたずら防止にも役立ちます。

シュリンク包装の方法

シュリンク包装では、専用のプラスチック袋に入れたりプラスチックフィルムで包んだりした商品をシュリンクマシンという専用の機械を通してラッピングする方法があります。

機械の中でプラスチックフィルムが高温で熱せられることにより、縮んで商品に密着し、ピッタリ合った包装になります。

また、シュリンク包装では、高温のドライヤーのような機械で熱風を当てて商品に密着させる方法もあります。シュリンクマシンに入らないものや複雑な形状のものはこちらの方法が適しています。

シュリンク包装では、全体をシュリンクするもの、たばこのパッケージのように開封のためのテープがついたもの、帯状になったフィルムを商品にかぶせるものなど、いろいろなタイプのものがあります。

シュリンク包装は、シュリンクフィルムシーラー工業用ドライヤーを用意すれば自宅で行うこともできますが、専門の業者に依頼するのが確実です。