Search
Search Menu

日本テクノロジーソリューション

「包装」と「放送」の融合で幸せスパイラルを目指す

包装機械のメーカーとして長年の実績をもつ

日本テクノロジーソリューションは、シュリンク装置をはじめとした包装機械の開発や製造、販売を行っている会社になります。元々は、岡田電気工業として1976年に創業した会社で、1981年に岡田電気工業株式会社として株式会社を設立。2004年に日本テクノロジーソリューション株式会社と社名変更しました。

日本テクノロジーソリューションの事業は、大きく2つに分かれます。1つは包装関連のテクノロジー事業。包装に使うシュリンク装置の開発・製造・販売やパッケージングに関わる装置の開発のほか、乾燥装置異物除去装置検査装置など熱と風に関する装置の設計・製作も行っています。

また、パッケージングサービスとして、新商品などの小ロット生産サービスや包装・キャンペーンラベル・箱詰め業務なども行っています。

日本テクノロジーソリューションは、包装分野における様々な問題を解決するために大きく貢献しています。

クライアントのプロモーションを行う放送事業も

日本テクノロジーソリューションが行っているもう1つの事業は、放送に関するソリューション事業です。商品プロモーションやプレスリリースのための動画作成など、放送番組の企画制作等の企業プロモーションを行っています。

包装機械のメーカーとしての経験を活かしながら、より効果的なセールスプロモーションやコンサルティングを行っています。日本テクノロジーソリューションでは、「包装」と「放送」の融合でクライアントの思いを形にすることを目指しています。

日本テクノロジーソリューションの本社は、兵庫県高砂市にあります。経営理念は「幸せスパイラル提供企業である」ということ。

日本テクノロジーソリューションでは、クライアントの問題の発見から解決までをお手伝いすることで、クライアントに満足してもらい、自社でもよりよいものを提供しようと努力する幸せスパイラルにより、関わるすべての人々を幸せにしています。